よっちのパピルス帳

育児中ぼっちキリッシャーのブログ。ゴールデンボンバーのことや育児のことなどをこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

翔さんが一枚の宝くじに懸けた思い

11月26日の月刊ゴールデンボンバーからの情報です。

メモ書きが出てきたので、載せます(笑)

 

 

賭けに関する話になった時に、このお話を聞きました。

翔さんは、20歳くらいの頃1枚だけ宝くじを買ったことがあるそうです。

その時は大変な時期だったようですが…

その1枚の宝くじに対して、

「宝くじが手元にあるから、当選発表まで生きてみようかなという気分になった。

結局当たらなかったけれど…未来に希望が持てた。こんな使い方があるんだと見直した時があった」

このようなことを話していました。

 

宝くじに対してこのように考えたことはありませんでした。

人と違う感性を持ってるなぁ…と改めて感じさせられた瞬間でした。

 

精神的にきつい時に、一枚の宝くじに希望を見出した翔さん。

私はそういう風にはできないだろうな…

いや、できないと思うだけで本当は同じようにできるのかもしれません。

物事の捉え方によって、自分の気持ちも変わってくるはず。

翔さんは自分でネガティブだって言っているけれど、根っからのネガティブな人ではないと思います。

根っからのネガティブだったら、宝くじすら買わないのではないでしょうか。

だって、当たる確率は低いのですから。

でも翔さんは、一枚の宝くじによって未来への希望を持った。ということは前向きな気持ちがあったということですよね。

 

翔さんは強い心を持っているような気がします。