よっちのパピルス帳

育児中ぼっちキリッシャーのブログ。ゴールデンボンバーのことや育児のことなどをこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

ライブ後に耳鳴りが続くようだったら、音響外傷かも?

ライブ週間が終わって、ここ1週間抜け殻のようになっていた私←
ボンバーさんのブログとか、ニコ生とか見てなんとか隙間を埋めておりました(笑)

 

さて、みなさんは、ライブ後に耳鳴りがすることってありますか?
もし何日か続くようだったら、一度病院で診てもらった方がいいかもしれません。
私、実はライブが終わってから2、3日耳鳴りが続いていたので耳鼻科へ行ってきました。
その時の記録です。
あくまで、私が体験したことなので、このことが全ての人に当てはまるわけではありません。病院で診てもらうのが一番です。

 

なんか耳鳴りがする…

f:id:namesho:20160407141312p:plain

耳鳴りに気付いたのは、ボンバーさんのライブが終わってから。
ライブ後には、耳鳴りが起こることがあるっていうのはよく聞くので、特に気にしていませんでした。
次の日、普段の生活の中では特に気にならないのですが、シーンとしているところだとまだ耳鳴りがするのです。
左耳からだけ、耳鳴りが起こっていました。

 

音響外傷」という病気があるらしい

今までこのようなになったことがなかったので、この耳鳴りについて調べてみました。
そして、出てきたのが音響外傷

どんな病気か
 とても大きな音を聞くと、一時的(一過性(いっかせい))に耳鳴りや難聴がおこりますが、これが治らなくなった状態です。
 強大な騒音に長期間さらされて、徐々に進行する難聴は騒音性難聴、爆発音などの強大な音響のために突発的におこる難聴は音響外傷といい、ほとんどの場合、耳鳴(みみな)りをともないます。
 音響外傷は、状況によって片側の難聴になったり、両側の難聴になったりしますが、騒音性難聴は、両側が同程度の難聴になります。
 騒音の出る職場でおこった場合は職業性難聴といい、労働災害補償(労災)の対象になります。
 近年は、強大な音楽を聞いたためのディスコ難聴やヘッドホン難聴も報告されています。

---騒音性難聴/音響外傷の症状・解説 - goo辞書

 

思えば、ライブ中音が割れたように聞こえた時があったんですよね…
左端の席だったし、近くにスピーカーがあったのかもしれない。
その時には既にダメージを受けてて、自分の耳の聴こえ方がおかしかったのかもしれない。

原因
強大な音響を聞いたために、内耳(ないじ)(蝸牛(かぎゅう))の感覚細胞(有毛細胞(ゆうもうさいぼう))が障害を受け、回復不能になるためにおこります。感覚細胞を障害するのは、同じ大きな音でも、低音よりも3キロヘルツを超えるような高音のほうが強いといわれています。
 難聴になるかどうかは個人差が大きく、同じような状況下にいても難聴になる人とならない人がいます。

---騒音性難聴/音響外傷の症状・解説 - goo辞書

蝸牛の有毛細胞へのダメージが軽ければ、1~2日くらいで自然治癒するそうです。
でも、ダメージが重い場合、かつ治療が遅れた場合は…耳鳴りや難聴が慢性化してしまう可能性があるとのこと。
というのも…この有毛細胞は、再生困難な細胞と言われているからです。

有毛細胞はいったん傷害されるとその再生がきわめて困難であり、有毛細胞が失われると神経節細胞も徐々に失われてゆき、内耳障害は不可逆に進行します。

---京大耳鼻科ホームページ - 内耳再生研究グループ

※1年以上前の記事ですが、マウスの有毛細胞の再生させることに成功したとの報告があるようです。いずれは人間の有毛細胞の再生による難聴治療もできるようになるかもしれませんね。


今のところ、有毛細胞は再生はできないようなので、自分の有毛細胞が傷ついていたらどうしようと不安は増すばかり('-'≡'-')

あとこんな情報も見つけました。

発症する誘因
肉体的な過労状態、精神的ストレスが溜まっているとき、睡眠不足の時、飲酒しながら、激しく頭部や体を揺さぶりながら、強大な音楽を2時間以上にわたって聞き続けるときに、この病気は発生することがわかっています。 

---ロック難聴、音響外傷・笠井耳鼻咽喉科クリニック

 激しく頭部や体を揺さぶりながら強大な音楽を2時間以上にわたって聞き続けるとき。

激しく頭部を揺さぶる…ヘドバン
激しく体を揺さぶる…折りたたみとかジャンプとか…

 

(;'Д';)

 

…思い当たる節があり過ぎる。
余計不安に((('-')))

不安に駆られ病院へ

この前の月刊ゴールデンボンバーでの翔さんの怖い話。がんかもしれないとの不安から病院へ行って、結果何もなくて安心したというお話があったと思います。
何か変だと感じたら病院へ行った方がいいですよっていうことを翔さんが話していましたよね。
それもあって、ライブから3日経ってしまったのですが、耳鼻科へ行ってきました。
この時は、翔さん同様不安しかなかった。
原因が当てはまり過ぎてて、「音響外傷と診断されてしまうんだ…治らなかったらどうしよう(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」という状態でした。
それに、土日のライブを控えていましたし…

 

問診・検査

1.問診
まず先生との問診、耳の状態を確認してもらいました。
ライブ後からということを伝えました。

2.レントゲン撮影
4ヶ所撮影しました。
・平らな板のようなものに片耳をつけて、撮影。それを左右両方。
・頬をつけて、撮影。これも左右両方。

3.聴力検査
ヘッドホンをつけて、聴力検査スタート。


【標準純音聴力検査】

雑音の殆どない防音室で行います。ヘッドホンをしてからスイッチを持ってもらい、プップップッあるいはピッピッピッという音が聞こえたらスイッチを押していただきます。
(聞こえている間中は押して、聞こえなくなったらスイッチを離してください)必要によっては骨導といって、耳たぶの後ろの骨の部分に受話器をあて鼓膜を通さずに直接、神経の方に入っていく音を聞いていただきます。
---http://www.ncgg.go.jp/hospital/div07/more/audio.htm

私が行った耳鼻科では、電話ボックスのような個室での検査でした。
狭い個室だったので、検査を始める前に「狭いところでも大丈夫ですか?」との声掛けがありました。

【耳鳴検査】

患者様が御自身で感じている耳鳴りの自覚的表現を分析する検査です。

---http://www.ncgg.go.jp/hospital/div07/more/audio.

「耳鳴りに似ている音を教えて下さい」と言われ、まずは高音か低音かを伝えて、実際に音を流してもらいながら近い音を選択しました。

これらの検査は、20分くらいかかったかと思います。

 ※上記URLは参考として載せているだけで、私が行ったところではありません。

 

結果

難聴傾向は見られないとのことで、特に問題はありませんでした…!
(ここで、翔さんの言っていた「安心を買うと思って病院へ」の言葉を実感する)
でも、あまり大きな音は聞かない方がいいだろうとのこと。
もしかしたら、大きな音を聞くことに対して弱いかもしれないと言われました。
ライブとかに行った時にスピーカーの近くに行かないとか、ヘッドホンやイヤホンで音を聞かない方がいいとも言われました…
特に異常はなかったので、「薬はどうしますか」と医師から確認されました。
一応処方してもらいました。薬を飲むとちょっと安心できるじゃないですか、気持ちの問題ですね(笑)
血流を良くする薬や、ビタミン剤を処方してもらいました。

料金は、耳鼻科で4500円くらい(3割負担)。薬局では…いくらだったか忘れてしまいました…でもそんなに高くはなかったです。

 

病院に行き、何ともないと言われ安心したのか、薬の効果か、定かではありませんが、現在耳鳴りは治まっています。
今回は何ともなかったけど、これからもライブには行きたい。
音響外傷という怖い病気にかからないようにするには、どうしたらいいか…

 


長くなってしまったので…次回に続く≡⊂( ^-^)⊃

 これ書いている間に、「ゴールデンボンバー鬼龍院翔オールナイトニッポン まとめ本」が届きました…フラゲ
これから読みますー(⊃-^)こちらの感想もまた後日★

 

 

 

 

★関連記事