よっちのパピルス帳

育児中ぼっちキリッシャーのブログ。ゴールデンボンバーのことや育児のことなどをこのブログで綴っていきます≡⊂( ^-^)⊃

キャンハゲ ネタバレライブレポ【前編】

今年の全国ツアーキャンハゲ、全59公演が全て無事に終了しました…!
みなさん、本当にお疲れさまでした!
終わった後は、打ち上げがあったようで、その様子を翔さんがブログでちょこちょこ教えてくれてましたね(^-^)
ほっこりした~(⊃-^)

ということで、キャンハゲの感想を記録しておこうと思います。
書いていたら長くなってしまったのでまた記事をわけます…((( ^-^)

素敵な写真

1.たまアリでの写真

すごい景色です、本当に。
広い会場だったけど、ファンで埋め尽くされていて…実際にこの景色の中、ライブをした4人は、きっといろんな想いを感じながら全力を出し切ったんだろうな。
写真だけでも、会場が沸きに沸いていたっていうのが感じられます(⊃-^)

あと上の記事のカラコン無しの著者近影…キリッとした表情にまたもや心奪われてしまった+o。ドキュ―(*゚д゚*)―ン。o+゚
銀髪、黒い瞳でこっちを真剣に見つめられては…あぁぁ…もうダメ*o_ _)oバタッ

2.全公演を終えた後、ボンバーさんの飛び跳ね写真。 

全公演やり終えた!っていう清々しい気持ちが表れてますよね~。
すごくいいショットだなぁと思いました(^-^)

 

キャンハゲ感想★

セットリスト

※2daysあったところは、セトリがちょっと違っていたようです。違ったところは()表記で書いてます。
順番が曖昧なところとかあったので、調べてきました((('-')))


オープニング動画
1.ワンマン不安
2.Dance My Generation
3.レッツゴーKY(僕クエスト)
MC
4.抱きしめてシュバルツ
MC
5.トラウマキャバ嬢
6.タイムマシンが欲しいよ
7.†ザ・V系っぽい曲†
休憩タイム動画
演劇
8.煙草
演劇
9.片想いでいい
演劇
10.いつもと同じ夜
演劇
11.HEN
MC
カミカミ物販紹介コーナー
12.ローラの傷だらけ
13.101回目の呪い
14.毒グモ女 (萌え燃え編)
15.イヤホン
16.だからバイバイ(今夜はトゥナイト)

【アンコール】
MC
17.また君に番号を聞けなかった
18.女々しくて
エンディング動画

【ダブルアンコール】
MC
19.長崎:綺麗になりたくて
      熊本:成龙很酷(チェンロンヘンクー)
      大分:ドスケベ
      福岡:じれったい

 

です!

 

オープニング動画

今回のツアータイトル「キャンハゲ」
本当に斬新なタイトルにしましたよねー(笑)

物語は、30年後の世界から始まりました。
みんなおじいちゃん!いやぁ、これは最初から笑ってしまった!
ひげとか、白髪とかね。
印税暮らしの翔おじいちゃん、すっごくかわいかったんですが(笑)

キャンさんがツルッツルの頭になってしまった後、握手会に誰も並んでくれないとか、たまにもらったファンレターは「ハゲ」とだけ書かれたものだったとか、そこら辺のキャンさんの表情おもしろかったなぁ(^-^≡^-^)
キャンさんの切ない声もなんとも言えなくて…これがまた笑いを誘ってましたね(笑)
で、この動画の中での翔さんはポジティブ思考だった(^-^)
過去に戻りたいと言うキャンさんに「前を向くしかないんだ!」みたいなことを言ってましたよね(笑)

エンディング動画

キャンおじいちゃんの頭から(というより首元から?/笑)髪の毛がわさわさと生えてきた!
クオリティがボンバーさんらしくて、もう笑っちゃいましたよーw
なんかちょっとホラー映画みたいだったなぁ(笑)

そして、髪が生えたキャンおじいちゃんと翔おじいちゃん、淳おじいちゃん、研二おじいちゃんがゴールデンボンバーを再結成!
ライブに参戦する人たちも30年ぶりということで、お年を召している…!
「毒グモのフリってこうだったかしら~」と振り付けを振り返るお姉さま、おもしろかったですねーw
30年後も今みたいなライブやってるかな(((^-^)))
その時自分は何してるかな、50歳超えてるよ(笑)
先のことはわからないけど、「今」の翔さんたちの姿をしっかりと見ておこうと思います。

最後はキャンおじいちゃんの素敵な水車パフォーマンスで終わりました(⊃^-^)⊃
めでたしめでたし♪

終盤に流れていた挿入歌が気になる。
曲名は「空と君と間の星」
過去のボツ曲…だそうですが、ちゃんと聞いてみたいなぁ。

エンドロールは、「まさし」の替え歌「ハゲ」
そのまんまやーん(笑)それでこそボンバーさんである。
会場全体に「ハゲ」が音に乗って響き渡る…こんなライブが他にあるでしょうか(^-^≡^-^)

 

休憩タイム動画

これも面白かったです!
ゴールデンボンバーとギルドで、バブルサッカー対決!
見所は、やはりボンバーさんのコスプレ姿じゃないでしょうか(笑)
あの姿でガチ勝負でしたから、だんだんメイクやらカツラやらが崩れていく様を見るのもおもしろかったです。
キリヨナシュートは最高でしたね★
翔さんかわいすぎ(⊃-^)

あと、中継でゲスト出演(?)していた翔さん扮するあの人。
ツアー前半と後半でキャラが変わっててびっくり(笑)
最初はゴーストライター騒動で話題になった人、後半は号泣会見のあの元議員さん。
どっちも見れてよかったなぁ(^-^≡^-^)
特に元議員さんのモノマネ、上手でした!
あと七三分けかな、髪型もばっちりきまってました(笑)あの姿、結構好きかもw

 

演劇

今までにないSFちっくな演劇でしたね。
ドクターキャンと、「好き」という感情以外を持った高性能アンドロイド キリュのお話。
ドクターが、ある人を想ってそっくりに作ったのがキリュ。ドクターはその人を忘れられなくて、人の心を持つアンドロイドとして作り出した…でも「好き」という感情だけが欠落していて…
キリュは、落ち込むドクターのために必死に「好き」という感情を理解しようとします。
最終的には、知らず知らずのうちに「好き」という感情を抱いたキリュは、森の精ダルウッドによって人間になります。
そして、ドクターキャンとキリュはめでたく結ばれ、抱き合っていちゃいちゃして、終わり!というハッピーエンドな物語でございました。
超ざっくりな説明ですみません(((;^-^)

まず冒頭、「僕の名前は鬼龍院翔…0歳」
これを聞いた時、私を含め笑ってしまった人は、きっと赤ちゃんになってる翔さんを想像したからだと思います(笑)
まさかロボットとして生まれたとは思いもよらなかったです。
この時点ですでに、良い意味で予想を裏切ってくれました(笑)

高性能アンドロイド KRI620 キリュ。
水色セーラー!
翔さん、ここでもかわいすぎ(((^-^)))
感情の変化を試すシーン、翔さんの表情がころころ変わって、どれもかわいくて仕方がなかったです。猫みたいにじゃれてる時の表情とか、シュンとした表情とかいろんな表情を見ることができました。
なんであんなにかわいらしいんだろうか(^-^≡^-^)

天才博士、ドクターキャン。
メガネに白衣!
…イケメン過ぎるじゃないか(⊃-^)
あの格好でギター弾いてる姿もかっこよかったですー!
最後、積極的なキリュにしてやられた感があったドクターの表情も好きです(笑)

ドクターのことが好きな女の子、淳ちゃん(←)
女装!
流石、ガーリーな淳さん。ツインテール、頭の中心にはグッズのバンスクリップが!
服を脱ぎだすシーンは、皆様の記憶にもしっかり残っていることと思います(笑)
ドクターキャンに突き飛ばされた後に、ブラの位置を整えるところとか…印象的です((( ^-^)
体つきは完全にたくましい男の人でしたが、言動は女性だったと思いますよ(笑)

森の精、ダルウッド様。
木!
なのにいきなり手が生えてタバコ吸ってた!(笑)
見た目はおもしろかったんだけど、言ってるセリフはすごく真面目。
「人間になって心を持つということは、楽しいこともあるけど、苦しいことも感じるということ。未来が不安になったり…ストレスという爆弾も抱えてる。」と、こんな感じのセリフを言っていたかと思います。
聞いているとなんだか切なくなって…特にダルウッドが最後に言った「心なんてない方が楽に決まってる。」という言葉。
演劇は、毎回翔さんが書いてるわけじゃないですか。
だから、この言葉たちも翔さんが感じているところから出てきているんだと思います。翔さんがいろんなストレスに頭を抱えて、心がなかったらどんなに楽かって思っていたのかと思うと…すごく切なくなりました。これまでいろんなことがあったから余計に…
単純に共感するセリフではありましたけどね。ストレスとか…心がある故に生じるいざこざとか、イヤなことって溢れてますから(((;^-^)
でもそれがあるからこそ、楽しいことを楽しいと感じられるのだろうけど…('-')
すごく印象的なセリフでした。

 

 

長くなってしまいました…(;'Д';)
お疲れかと思いますので、今回はここで一旦切ります。
次回、曲のことやパフォーマンスのことを書こうと思います≡⊂( ^-^)⊃

 

 

 

★関連記事