内診による痛み…再び

現在38週3日。
昨日検診に行ってきました!

今回はNST(ノンストレステスト)がありました。
胎児の心拍を計測する装置と、おなかの張り具合を監視する装置をおなかにつけて、30分くらい波形をとるものです。

胎児の心拍は問題なし!
おなかの張りはあまり見られなかったようです。

エコーでまた胎児の頭の大きさや胴回り、足の長さなどを計測しましたが、前回とあまり変わっていない様子。
推定体重は、3000グラムを少し超えたくらい。
でも先生曰はく、2700~3300グラムくらいまでの誤差があるからはっきりとはわからないとか。
結構幅広いですよね。

これらの検査の後…恐怖の内診の時間です。

f:id:namesho:20160720152357j:plain

前回同様、子宮口の開き具合や赤ちゃんが下りてきているかなどの確認をされました。

今回は……

前回より痛かった!!!

先生から前もって「ちょっと痛くなるよー」なんて声掛けがあったけど、下腹部にグリグリとした感触があって前回以上に痛みがありました…
身体はガチガチに強張って、先生の声掛けに震えたような声で応えるのがやっと…(笑)
もう「ひえーーーーっ」って感じで、出産時の痛みに耐えられるのか不安になりました(‘Д’;)

どうやら奥まで指を入れられ、子宮口の開き具合を確認されたようで…今のところ、指1本分くらいしか開いていないとのこと。
指1本分ということは、1cmくらいでしょうか。

そして、まだまだ硬いみたいで、赤ちゃんも下りてきてないそうです。

『もうそろそろ来たりして』なんて思ってたんですが、もう少し先になりそう…
実は検診の前の日、おなかを壊したような痛みと便意があってトイレに駆け込むけど、便が出ないということが朝から夜まで続いていたんです。
時間は不規則でしたが…
調べてみたら、臨月の妊婦さんで同じような症状を訴えている人が多く、おなかを壊したような痛みが前駆陣痛だったとか、そういう情報が出てきたものですから、『もしや!?』と思ったんです。

ですが、内診でまだ赤ちゃんも下りてきていなくて、検診日当日の朝にお通じがあったものの、便がまだ腸に残ってると言われたので…前日の痛みは単なる便秘によるものだったようです…(((;^-^)
今までと違うと思ったのに…気のせいでした(笑)

便が残ってるといけないからということで、便秘薬を処方されました。

今回も計画出産の話が具体的になることはなく、また来週検診に行くことになりました。

検診が終わってからというもの、下腹部痛があって帰ってからしばらく体を休めてました。
地味に痛くて、なーんにもする気が起きず(笑)
前回も出血が少しありましたが、今回も出血がありました。
鮮血で1日経った今でもまだ血が出てます…今回はドロッとしたものまで出てきちゃったし…(生々しい表現ですみません)
内診後だからおしるしではないんだろう…

おなかは前より頻繁に張るようになった気がします。
これも内診の刺激によるものなのか…!?
陣痛に繋がるといいのになぁ。

子宮口を柔らかくしたり、開くように促すためにはやはり動くことが一番のようなので、どんどん歩いたりしないとなぁと思っております。
階段の昇り降りや、スクワットなんかもいいそうです。

あと、家でもできる運動を探してみたところ、いろいろな情報が出てきました。

身体に大きな負担をかけずにできそうだったので、上記のサイトに載っている運動を今日から始めることにしました!

頑張ろう!!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. pearlmoon-horizon より:

    内診ぐりぐりの話しでも「ひいいー」って感じでしたが、今回もかなり痛そうですね。。。
    もう本当、お疲れ様です…!赤ちゃんも頑張ってますね(^∇^)
    そういえば産まれるジンクスで「焼肉を食べる」というのもあるらしいですね?友人はこれで本当にその日のうちに産気づいていました(^_^;)

  2. namesho より:

    そうなんです…前回の内診ぐりぐりはまだ序の口だったようです(><) 赤ちゃんも出てくる準備を頑張っている、それを励みに私も最後まで頑張ります! 弱音ばかり吐いてはいられませんね(*^^*) 私も聞いたことがありますが、焼肉を食べたその日に産気づいたとは驚きです! 焼肉のジンクスを含め、他にもいろいろあるようなので、試せそうだったら試してみたいなぁと思います(笑)