【多肉植物】エケベリア マッコスの増やし方 ~挿し木~

お役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです(⊃-^)

我が家で育てている【エケベリア マッコス】は、日に日に伸びてきて締りがなくなり、茎からは新しい芽がにょきにょきと育っていました。

こんな時は、【挿し木】や【葉挿し】でかわいい多肉さんを増やせるんですって!
今回は【挿し木】での増やし方を調べてやってみたので、その時の様子を手順と共にご紹介します。

スポンサーリンク

お手入れ前

お手入れ前のマッコスさんの写真がこちらです。

マッコス挿し木前

多肉初心者の私がマッコスさんに一目惚れして、購入してから半年、自然に任せていたらこうなりました(笑)
茎がグングン伸びて、下の方からは脇芽がニョキっと顔を出しています。

当初の丸っこいマッコスさんの形に近づけ、かわいい多肉植物を増やすため、まずは【挿し木】を行いました!

挿し木のやり方

適した時期

エケベリア属のマッコスさんは春秋型なので、3~4月頃や9~10月頃に増やすのがいいそうです。

1.切り離す

今回は、上に伸びている部分と、下から伸びている脇芽を切り離しました。

マッコス挿し木

多肉初心者の私にとって、切るときは妙にドキドキしてしまいました(笑)
不安もあるかもしれませんが、また新たに育ってくれるので、思い切って茎を切りましょう…!

ちなみに切り取ったあとの親株マッコスさんがこちら。

マッコス挿し木

なんだか寂しくなりました≡⊂(;^-^)⊃
親株マッコスさんはそのまま外に置いておきました。

2.下の方にある不要な葉を取る

丸っこいフォルムにするために、茎の下の方にある不要な葉を取り除きます。

ポロっと自然に取れたらそれが楽で一番いいのですが、しっかり茎にくっついている葉の場合は、付け根部分を小刻みに動かしながらやさしく取ってあげます。
取る葉がなければ、そのままでOKです。

取った葉っぱは、【葉挿し】という方法で、更に増やすことができるというから驚き!
すごいですよね。

3.茎の断面を乾燥させる

親株から切り離した子株は、すぐ土には埋めません。

まずは、茎の断面を乾燥させます。

マッコス挿し木断面乾燥中

ボトルや小さい穴をあけた入れ物に茎を挿して、風通しの良い部屋の中に置いておきました。
日陰寄りで、日の光はちょっと窓から入ってきているような場所です。

4.根が生えるのを待つ

この間は、なーんにもしなくて大丈夫です。

ひたすら根が生えてくるのを待ちます。

約20日経った子株の様子

いい感じに根が生えています。

今回は3本の子株がありましたが、根が生えてきたのは2本だけでした。
残りの1本は、ずーっと乾燥させたまま放置してましたが、結局根は生えず、しょぼしょぼと小さくなって枯れてしまいました…

同じように切って乾燥させても、断面の状態や茎の個体差により、枯れてしまう可能性があるようです。

5.土に埋める

根が十分生えてきたら、土に戻してあげます。

戻してすぐは水をあげず、一週間ほど経ってからあげました。

挿し木をした子株の様子

2017年11月

マッコス挿し木子株
葉先がほんのり赤みがかり、落ち着いた色合いになっていました(*^-^)

2018年3月

マッコス子株

ほんのりした赤みはそのまま、葉の色は明るめのグリーンになっています。
前に比べると、葉全体が少し広がっているけど、かわいらしいです(⊃-^)

親株の様子

カットして20日程経った頃

上部と下の子株を切った親株マッコスさん。

マッコス挿し木親株

また小さな子株が生えていました!(*’ω’ *)

2018年3月

今では更に成長し…

マッコス

こんなに大きくなって、子株も増えてます。

特に何もしなくても…たくさん子株が生えてくるんですね。
初心者が相手でも、たくましく育ってくれてなんだかうれしい…!(笑)

写真の通り、子株が大きくなってきたので、つい最近二度目の挿し木と葉挿しをしました!

…この繰り返しで、どんどん多肉植物が増えていきますね(*´ω`*)

多肉初心者の私でも、とっても簡単に増やすことができました!
増やしたいなぁと思っている方はぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです(⊃-^)

お気軽にフォローしてください(^-^)

書いている人

★書いている人

プロフィールアイコン

よっち(1990年生まれ)

1歳児の子育てと多肉育てをしています。
ゴールデンボンバーが大好きなママキリッシャーです(^-^)

詳しいプロフィールはこちら